席札に両親や兄弟の敬称は印刷する?婚礼ペーパーアイテムのマナー

席札に両親や兄弟の敬称は印刷する?婚礼ペーパーアイテムのマナー

結婚式の席次表に、新郎新婦の両親や未婚の兄弟姉妹・同居する祖父母は敬称を記載しないことが一般的です。では、席次表ではなく席札はどうでしょうか?最近は結婚披露宴のペーパーアイテムを自作する新郎新婦も増えているようですので、席札に印刷する敬称のマナーについてまとめてみました。

席札にはすべてのゲストに敬称を記載する

結婚披露宴で席札の敬称について考えるとき、おそらく最も混乱をまねきやすいのは「両家両親・新郎新婦の未婚兄弟姉妹・新郎新婦の同居祖父母に敬称を記載するか」という点ではないでしょうか。結論から申し上げますと、席札にはすべてのゲストに敬称をつけて記載します。

席次表の場合は、両家両親・新郎新婦の未婚兄弟姉妹・新郎新婦の同居祖父母には敬称を記載しないのが一般的です。しかし、席札には両家両親や新郎新婦の未婚兄弟姉妹・新郎新婦の同居祖父母であっても敬称を記載します。

新郎新婦がゲスト全員に配布する席次表と、披露宴会場テーブルコーディネートの一部である席札とは別物だと考えてください。

ただし、両家両親の席札は注意が必要です。両家両親の席札は「氏名 + 様」と記載するパターンと「新郎父 / 新郎母 / 新婦父 / 新婦母」と記載するパターンがあります。

新郎の父が山田太郎・新郎の未婚の妹が山田花子というケースでは、山田太郎(新郎の父)の席札は「山田太郎様」もしくは「新郎父」、山田花子(新郎の未婚の妹)の席札は「山田花子様」となります。両家両親の席札をどちらのパターンで記載するべきか、明確な基準はありません。プランナーの方と相談して決めるとよいでしょう。

子どもの敬称「くん」「ちゃん」の使い方は

子どもの敬称は、披露宴で提供される料理を基準にして使い分けます。

大人と同じ料理が提供される未成年は「様」と記載し、子ども向けの料理が提供される未成年は「くん」もしくは「ちゃん」と記載します。料理が提供されず席のみが確保されている乳幼児は、「くん」もしくは「ちゃん」で記載した席札を用意します。

ただし、テーブルレイアウトが円卓タイプで、同じ円卓に複数の未成年が着席する場合は注意が必要です。大人と同じ料理が提供される5歳のゲストと、子ども向けの料理が提供される6歳のゲストが同じ円卓に着席する場合、両方のゲストの敬称を「様」で統一するのがベターです。

料理を基準とした敬称の決め方は、あくまで目安のひとつと考えてください。未成年のゲストを招待する場合、ゲスト本人だけでなくその両親にも失礼のないように招待しましょう。

大人の敬称は「様」か「先生」の2択

大人のゲストの敬称は「様」か「先生」の2択です。「先生」と記載するケースは限られていますので、「先生」ではないゲストはすべて「様」と記載すると考えてください。

「先生」と記載するケースは、そのゲストが新郎か新婦の恩師にあたる人であり、かつ現在も「先生」と呼ばれる職業(教師・教授・師範・講師など)に就いている場合のみです。

ゲストの方のお名前が日本語表記でない場合は、Mr. やMs. などのゲストの方の母国語もしくは英語でお名前と敬称を記載しましょう。

必ずプランナーと最終確認をしよう

結婚式・披露宴のマナーには地域差があります。今回記載したものは最も一般的なマナーにもとづいていますが、挙式披露宴の会場によっては異なるマナーが主流である可能性もあります。

必ず事前に担当いただいているウェディングプランナーの方と最終確認を行い、最高の準備で大切なゲストのみなさまをお招きするようにしてください!